TOP > 【パラレルワーカーになる旅】組織にいながら「好きなこと」だけをやるために、キャリアプランを作りませんか?

【パラレルワーカーになる旅】組織にいながら「好きなこと」だけをやるために、キャリアプランを作りませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

・パラレルキャリアって、どんな効果があるの?
・本業がある中で、どうやって実現すればいいの?
・自分らしいパラレルキャリアの形ってどんなもの?

そんな疑問を抱いている皆さんにイチオシの、「パラレルワーカーになる旅」をご紹介!

アテンドするのは、大手メーカーに勤務しながら、NPO法人二枚目の名刺のサポートプロジェクトデザイナーなど複数の“名刺”を持って活動する磯村幸太さん。越境学習の研究者でもある磯村さんと一緒に、1日だけの旅をしながら、あなたらしいキャリアプランを設定してみませんか?

※この記事は、自分らしく働きたい人を応援する「仕事旅行」のページを転載したものです。「2枚目の名刺Webマガジン」読者の皆さまに、ぜひ情報をお届けしたく、許可をいただき掲載しております。

一般企業の社員でもパラレルワークできる?

人生100年時代という話をいたるところで聞くようになった昨今、複数の仕事を持つことで、不確定な未来に対応するパラレルワークの重要性を感じ始めている人も多いのではないでしょうか。

しかし、パラレルワークを始めたいと考えても、会社には副業禁止規定があるし、仮にできるとしても何をどう始めたら良いのかわからない・・・など、なかなか自分ごととして考えることができないという声も聞こえてきます。

実際、インターネット系の会社やクリエイティブ畑の仕事に携わっている人がパラレルキャリアや複業をする方が増えてきてはいるものの、いわゆる一般的な日本の会社ではまだまだハードルが高いというのが現実です。

しかし、そんな中、今回のホストの磯村幸太さんは、パラレルキャリアを実践する社員がいない日本の老舗の大手メーカーに勤めながらも、大学院に通い、さらには個人事業主やNPO法人で活動するパラレルキャリアを実現した経歴の持ち主。

この旅では、磯村さんの現在の仕事の状況や、パラレルキャリアを実現するまでの経緯を、経験談を踏まえてお話しします。また、旅の中では、磯村さんがパラレルキャリア構築に向けて最初に行ったというキャリアプランの設定に挑戦します。

磯村さんの赤裸々な経験談を自分に重ね合わせながら、パラレルキャリア実現に向けた手応えを感じつつ、旅の終わりにはあなたならではのキャリアプランが出来上がり、はじめの一歩が踏み出したくなることでしょう。

好きなことを、さらに手がけるための「パラレルキャリア」

今では複数の肩書きをもつ磯村さんですが、最初からパラレルキャリアを意識していたわけではありません。大学卒業後に入社したのは日本の大手老舗メーカーでした。いわゆる学卒として、普通に転職活動をして、一般的な新卒社員として入社でした。

彼が他と変わっていたのは、他人よりも自分の興味のある仕事をしたいという欲求が強かったこと。例えば、担当ではない仕事に対しても「面白そうだから、自分がやってみたい」と、あれこれ調べて資料を作り、上司に送りつけたそうです。情報共有を繰り返すうちに「分かったから、磯村がやれ」と、結果的に自分の希望する仕事を手に入れてきました。

担当になってからも、興味のある仕事だったこともあり、成果も上がります。実績として、何十億円経費削減を行い、社長表彰を受けるほどだったそうです。

しっかり成績を残したということもあり、その後も別部署への異動願いを出した際もスムーズに受理されました。現在は興味のある分野の一つである業務改革や経営企画などの社内コンサルティングと、仕事の棚卸しや新しいアイデア立案などのファシリテーションの仕事に携わっています。

傍目から見ると会社員として好きな仕事ができている彼が、会社の仕事に加え、パラレルキャリアを築こうと考えたのは、「人生100年時代」の影響でした。

「人間の寿命が100歳に近づき、「仕事人生も60年」になるため、定年以降の働き方も考えなければいけない。そんなに長くはたらくのであれば、もっと自分の好きなことをやりたい。」

現在の会社の仕事も好きではあるけれど、会社の仕事だけではやりたいことすべてができるわけではありません。また、会社員ですから、期待と異なる部署に配属されることも十分に考えられます。

だからこそ、将来の自分のキャリア構築を、会社に委ねてはいけない。自分のキャリアは自分で作らなくてはならないと、磯村さんは考えるようになりました。

パラレルキャリアへの第一歩をここから

現在パラレルキャリアで活躍している磯村さんですが、偶発的に仕事が増えていったわけではありません。自分の興味のある分野を洗い出し、それに対して何が必要かを考え、計画的に行動を続けてきました。

そのため、パラレルキャリアを目指すには、そのメリット/デメリットを理解した上で、自分の仕事に対する興味関心を理解することが大切です。この仕事旅行では、パラレルキャリアにチャレンジしたい方へ磯村さんの仕事の経験や知識を共有し、自らのパラレルキャリアをデザインすることで、初めの一歩の踏み出し方を考えます。

まずパラレルキャリアに対する理解を深めます。

パラレルキャリアとは何なのか、そのメリットや難しさや始め方、複数の仕事間でシナジーを起こす方法などを、理論的に、かつ磯村さん自身の経験も交えながら解説します。

次に、自分のパラレルキャリアをデザインするワークショップを行います。

これまでの自分のキャリアを振り返ることでキャリアの軸を見つけ、もっとキャリアが充実するような活動を考え、2枚目の名刺を作ります。

最後に、明日からでも新たな一歩を踏み出すため方法や心構えについて、対話しながら考えます。

ぜひ参加してみてくださいね!

>詳細&予約はこちらから

 

旅のホスト:磯村幸太

一橋大学商学部を経て、大手メーカーに入社。国内営業や生産管理に携わったのち、入社8年目となる現在は生産性革新推進部に所属し、ファシリテーターとしてビジネスプロセス支援を行っている。その他に個人事業のカウンセリングや企業のファシリテーションを軸に個人事業主としての活動をしながら、「NPO法人二枚目の名刺」ではサポートプロジェクト・デザイナーをつとめる。これらの仕事と並行して、2017年4月からは慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科で「越境学習」をテーマに研究を続けている。

2枚目の名刺Webマガジンで掲載中のレポートもチェック!

越境学習研究者が説く、2枚目の名刺の学びを1枚目の名刺で活かす3ステップ【導入編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
個の力をどう磨くか?「やりたいことをできるだけやる」パラレルワーカーの軸
2019.07.06
個の力をどう磨くか?「やりたいことをできるだけやる」パラレルワーカーの軸
持ち方・スタイル
活動テーマ
隠れ2枚目ホルダーが約9割?会社の理解を得て複業している人にコツを聞いた
2019.06.19
隠れ2枚目ホルダーが約9割?会社の理解を得て複業している人にコツを聞いた
持ち方・スタイル
副業はなぜ後ろめたい?―「隠れ副業家のホンネの話。」イベントからその理由を探る【…
2019.08.13
副業はなぜ後ろめたい?―「隠れ副業家のホンネの話。」イベントからその理由を探る【…
持ち方・スタイル
【イベントレポ】複業フェス2017「働き方改革のパイオニア企業に訊く!なぜ今、『…
2017.05.31
【イベントレポ】複業フェス2017「働き方改革のパイオニア企業に訊く!なぜ今、『…
持ち方・スタイル
活動テーマ
NPO二枚目の名刺の活動
パラレルキャリアを続けた先にあるもの〜365日24時間自分でいられる理想の働き方…
2019.02.18
パラレルキャリアを続けた先にあるもの〜365日24時間自分でいられる理想の働き方…
持ち方・スタイル
「副業する権利は自分で勝ち取るもの」複業LIVE!イベントレポ(前編)
2016.07.25
「副業する権利は自分で勝ち取るもの」複業LIVE!イベントレポ(前編)
持ち方・スタイル
活動テーマ